離婚・男女問題

よくある離婚のご相談

  • 離婚をしたくても、相手が応じてくれない
  • どうしたら、我が子を手元に置いておけるだろうか
  • 慰謝料や財産分与の額を、あらかじめ知っておきたい

弁護士に相談するメリットとタイミングについて

離婚後に自立した生活が送れるかどうか、金銭面の見通しを立てることができます。したがいまして、最もお勧めしたいタイミングは、「リコン」の文字が頭をかすめたときです。
実際に手続きを進めるかどうかは、見通しが明らかになってからでも遅くないのではないでしょうか。また、対立姿勢が濃厚になると、資産を隠されたり正直に教えてくれなかったりすることが考えられます。

浮気や不倫に伴う慰謝料問題の相談ケース

ご相談内容

不倫の場合、慰謝料をどれぐらい取れるのか。

私のアドバイス

相場としては100万円から300万円といったところでしょう。婚姻期間や不倫の内容によっても異なるため、状況を立証する証拠がそろわないと、具体的にはお示しできません。
証拠については、調査会社などを使わなくても、メールやLINEなどから追える場合があります。

実際のご依頼

モバイルなどに残っていた写真を元に説得したところ、相手が離婚に合意。慰謝料は双方の話し合いのなかで決めることになりました。

弁護士からの一言

離婚の合意が取れたら、口約束で済まさず、気が変わらないうちに書面へ残すようにしてください。録音でも構いませんので、証拠を作っておくことが大切です。

お子さまの親権と養育費に関する相談ケース

ご相談内容

父親の場合、親権を獲得するのは難しいと聞いたが、実際のところを知りたい。

私のアドバイス

一般的には母親が有利とされています。ただし、親の希望だけで決めず、お子さんの立場からも考える必要があるのではないでしょうか。お子さんはどちらの親と暮らした方が幸せなのでしょう。
いずれ家裁の調査官からヒアリングされることもありえます。弁護士ともに考えていきましょう。

実際のご依頼

お子さんが「お母さんと暮らしたい」と明確に意思を示したため、親権の獲得をあきらめ、面接の機会を充実する方向で合意が結ばれました。

弁護士からの一言

今回のケースとは異なりますが、養育費の約束をしても支払わないことがあります。必要に応じて相手方の給与を差押えるなど、催促や回収のみのご依頼も承りますので、気軽にお問い合わせください。

法律相談のススメ

離婚問題は、当事者間での解決が難しい上、法律の決まりや請求項目に沿っていないと、時間だけが浪費されてしまいます。
「いままで、何を話し合ってきたのだろう」という事態を避けるためにも、専門家にポイントと相場を聞いて、ルールにのっとった条件決めを進めていきましょう。

  • 初回相談30分無料|土日・夜間の相談可能 まずはお電話でお話してみませんか?TEL:03-6869-9979 営業時間 9:00~18:00 〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-1 ヒューリック銀座一丁目ビル525
  • 24時間受付中 まずはお気軽にお問い会わせください ご質問やお問い合わせはこちらから
  • 初回相談30分無料|土日・夜間の相談可能 まずはお電話でお話してみませんか?TEL:03-6869-9979 営業時間 9:00~18:00 〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-1 ヒューリック銀座一丁目ビル525
  • 24時間受付中 まずはお気軽にお問い会わせください ご質問やお問い合わせはこちらから