債務整理

よくある債務整理のご相談

  • 「過払い金」の返還請求は、借金を完済した後でも可能なのか
  • 借金の返済期間をもう少し延ばしてもらえれば、何とか返せそうなのだが
  • 破産の事実が周囲にバレないか心配で、手続きに踏み切れない

弁護士に相談するメリットとタイミングについて

経済的な失敗がリセットされ、新たな人生を歩むことができます。月々の返済額がおおむね「収入の3分の1」を越えない段階でご相談いただければ、破産以外の選択肢も選べるでしょう。
当事務所では、家計を見直し、返済方法や破産申立など具体的なプランをご提案をいたしますので、安心してお任せください。

自己破産の相談ケース

ご相談内容

借金を繰り返しているうちに、いつのまにか返済ができなくなった。今後、どうしていけば良いのか。

私のアドバイス

お話を伺ったところ、年収500万円に対し、月額の返済額は15万円程度。収入の3分の1を明らかに越えています。
また、賃貸アパートに住んでいて、残しておきたい資産は何もないとのこと。このような状況なら、破産を検討されてはいかがでしょうか。

実際のご依頼

裁判所から破産が認められ、一切の債務から解放されました。なお、99万円までの現金や必要な家具類は保有できましたので、新生活を速やかに始めることができたそうです。

弁護士からの一言

もし、いままでの返済を貯蓄に回していたとしたら、1年あたり180万円の現金をプールできたでしょう。金融機関にプレゼントするより、ご自分のことに使ってみませんか。

任意整理の相談ケース

ご相談内容

借金の元本がなかなか減らないので、いつまで続くのか不安に感じている。また、災害や入院のような急用に対応することができない。

私のアドバイス

将来利息をカットすれば、先が見えてくるはずです。一時的な返済が苦しくても、3年から5年で返せそうなら、交渉の余地はあります。

実際のご依頼

各金融業者と話し合い、利息のカットと一定程度の債務減額を取り付けました。

弁護士からの一言

場合によっては破産も検討してみましょう。年齢が若ければ若いほど、自分に対する投資が行えなくなってしまいます。貯蓄や旅行、結婚に子育てなど、必要な出費に足かせをはめないためにも、慎重な判断を行ってください。

法律相談のススメ

債務整理には、家計をデザインするという発想が大切です。私はファイナンシャルプランナーの扱う分野の知識もある程度有しています。家計簿は必ず拝見させてください。その上で、収入より支出が多いのであれば、悩んでいる時間がそのまま損害につながります。
「借りているお金は返さないと」というお気持ちはわかりますが、かえって周囲に迷惑をかけている側面もございます。法律上認められている制度を活用してみてはいかがでしょうか。

  • 初回相談30分無料|土日・夜間の相談可能 まずはお電話でお話してみませんか?TEL:03-6869-9979 営業時間 9:00~18:00 〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-1 ヒューリック銀座一丁目ビル525
  • 24時間受付中 まずはお気軽にお問い会わせください ご質問やお問い合わせはこちらから
  • 初回相談30分無料|土日・夜間の相談可能 まずはお電話でお話してみませんか?TEL:03-6869-9979 営業時間 9:00~18:00 〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-1 ヒューリック銀座一丁目ビル525
  • 24時間受付中 まずはお気軽にお問い会わせください ご質問やお問い合わせはこちらから