交通事故

よくある交通事故のご相談

  • はりやきゅうによる治療でも、補償を受けられるのか
  • 保険の仕組みや内容が良くわかっていない
  • 保険会社から提示された条件に不満がある

弁護士に相談するメリットとタイミングについて

一番のメリットは、煩わしい交渉や訴訟の手間から解放されることでしょう。
示談の条件は、保険会社の対応いかんによって変わることがありますので、一度確認されてはいかがでしょうか。
事故処理が済み、医師の治療を受け、一段落したころがベストタイミングです。

保険会社との示談交渉の相談ケース

ご相談内容

接骨院に通っていたら、保険会社から治療費が出せないと言われた。本当に、どうにもならないのか。

私のアドバイス

施術をした者が医師ではなく柔道整復師の場合、治療行為として認められない場合がございます。ただし、必要に応じて治療行為と判例で認められたケースもございますので、争う価値はあるでしょう。

実際のご依頼

訴訟を前提に弁護士の受任通知を送付したところ、先方から連絡があり、治療費の支払いが認められました。

弁護士からの一言

どのような治療を受けるのかは、ご依頼者の判断にもよるでしょう。法的な判断を抜きにして、痛みが収まるようであれば、個人なメリットにもなり得ます。
その際には、保険でどのような内容がカバーされるのかを理解した上で、選択するようにしてください。

後遺障害等級の相談ケース

ご相談内容

交通事故でむち打ち損傷が発症し、後遺障害等級の申請をしたのだが、非該当となってしまった。痛みがあるのに認められないなんて、納得ができない。

私のアドバイス

「症状の問題」ではなく、必要な情報不足や書面不備のような「手続の問題」である場合があります。後遺障害等級変更の異議申立を行うこともできますので、医師と相談の上、適切な処理を進めてみましょう。

実際のご依頼

主治医の所見を仰ぎ、必要な書類を整えて異議申立てをした結果、非該当から変更になり、14級の認定を受けることができました。

弁護士からの一言

同じ後遺障害の補償でも、保険の基準と裁判基準では評価額が異なることもあります。認定されたことで満足せず、専門家の確認を挟むようにしてみてはいかがでしょうか。

法律相談のススメ

交通事故の損害を評価する基準は3つあり、「自賠責基準」「各自の任意保険の保険内容」「裁判基準」です。
弁護士にご相談いただければ、具体的な損害に関する「裁判基準」を前提とした交渉が可能です。また、保険商品に弁護士特約が付帯されていれば、弁護士費用のご負担はありません。

  • 初回相談30分無料|土日・夜間の相談可能 まずはお電話でお話してみませんか?TEL:03-6869-9979 営業時間 9:00~18:00 〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-1 ヒューリック銀座一丁目ビル525
  • 24時間受付中 まずはお気軽にお問い会わせください ご質問やお問い合わせはこちらから
  • 初回相談30分無料|土日・夜間の相談可能 まずはお電話でお話してみませんか?TEL:03-6869-9979 営業時間 9:00~18:00 〒104-0061 東京都中央区銀座1-13-1 ヒューリック銀座一丁目ビル525
  • 24時間受付中 まずはお気軽にお問い会わせください ご質問やお問い合わせはこちらから